印刷

 主な活動

平成23年度は下記のような支援活動を行いました。

WG1 基盤地図情報の更新に関する取組み

基盤地図情報の更新情報として扱えるデータと扱えないデータ、その判定基準と利用するための最低限の基準のルール化について、検討を行ってきました。

WG2 コンテンツの整備と流通

500レベルの地形図データを官民で共有化し、それを道路占用などの業務に活用するよう取り組みました。

WG3 運営母体の検討

平成22年度第2回総会において、WG4のワーキングのメンバーである(社)大阪府測量設計業協会に運営母体になっていただき、道路占用に関する協議・申請システムの運用をしていただくことになった。(規約変更済み)。
事業計画の精度を上げるために、下記の取組みを行った。

WG4 技術支援・啓発活動の強化