支援グループでは、府・市町村の取組みを学の協力を得ながら支援していきます。

【連絡】

  • 平成29年度「測量の日」における功労者に支援グループの一氏さんが選ばれました。詳細は、こちらから
  • 駅と将来推定人口マップの試験提供を2017/5/8から行っています。
    システムの利用は、こちらから お願いします。(ID:osaka PASS:kanmin)
    最近、コンパクトシティー、駅を中心とした都市をキーワードにした新聞記事が頻繁に出てくるため、データの見える化を行いました。

    国土交通省は、コンパクトシティ(都市の郊外への拡張を抑え、中心部に行政、医療、教育、交通などの都市機能を集積し、中心街の活性化と都市住民の利便性を向上しようという概念を実現した都市)政策を進めるため、2006年(平成18)に街づくり三法(都市計画法、中心市街地活性化法、大規模小売店舗立地法)の改正しました。国土交通省国土政策局では、国土数値情報 将来推計人口メッシュ(国政局推計)として 2010年のデータと2050年の将来人口(詳細は、こちらから)がダウンロードできるようにされています。また、駅別乗降客数データもダウンロードできるようにされています。これらのデータを可視化しています。また、総務省統計局では、政府統計の窓口 「e-Stat」から国勢調査データをダウンロードできるようになっています。
    システムでは、駅を中心とした半径1Kmの範囲の人口をバッファリングし、面積按分して集計しています。単に地図上にこれらのデータを重ね合わせるだけでなく、グラフ表示できるようにしています。
    7/14現在 国勢調査、経済センサス基礎調査のデータは全国(すべての1次メッシュ)を対象にしています。
    1次メッシュについては、外部のサイトを参照してください。
    8/6現在 指定した駅が含まれるであろう小ゾーンを着ゾーンとしたOD量を目的別に表形式で表示します。 OD量は、「鉄道」を手段としているデータのみ表示しています。利用データは、国土数値情報 交通流動量 パーソントリップOD量データ 近畿圏(2010年調査)、中京都市圏(2011年調査)、東京都市圏(2008年調査)です。

 活動実績

  • 2月20日 滋賀県大津土木事務所において道路調整会議の操作説明会を実施しました。3月から試行されます。(New)
    滋賀県測量設計技術協会、大阪府測量設計業協会及び当協議会で実施される滋賀県内の地域連携です。


  • 2月8日~9日 第22回「震災対策技術展」横浜の 災害アプリ体験コーナーにおいて、地域防災マップ作成支援システム、災害情報共有システムの展示を行いました。
      
     当日配布した資料表(726KB)、資料裏(1.2MB) モニターで流した動画のpdf(12.5MB) 

  • 1月13日 貝塚市のせんごくの杜(貝塚市橋本1385 第4中学校の南東)にできるドローンフィールドで関西大学社会空間情報科学研究センター先生、学生さん、GIS官民協議会の支援グループのメンバー等でレーザースキャナ、ドローンでの計測を実施しました。
    貝塚市のドローンフィールドは、貝塚ピクニックセンター跡地(防災広場・交流エリア)で、3.7haもあり、長さ方向に300m程度、幅100~150mの大変広い場所です。敷地内には、キャリブレーションに利用できる人工物(調整池)もあります。人工物(調整池)の法面には、異なる形式のブロックが貼られる予定で、単にドローンを飛ばす場所ではなく、位置精度を向上させるための取組みがされるそうです。
     貝塚市せんごくの杜ドローンフィールド  貝塚市せんごくの杜ドローンフィールド 


  • 11月22日に関西G空間フォーラム2017にシステムの展示を行いました。
     

  • 11月2日に富山市ライフライン共通プラットフォーム協議会で、GIS官民協議会の取組み内容を説明しました。
    富山市ライフライン共通プラットフォーム協議会は、富山県、富山市、電力、通信、ガス、交通が参加された協議会で、2016年から5年計画で、「ライフライン共通プラットフォームによる暮らしの質向上」、オープンデータ化、道路占用等行政手続きの効率化などを目指した取組みをされています。

    日時:2017(平成29)年11月2日
    場所:富山市牛島新町5-5 タワー111(タワートリプルワン) 21階会議室
    内容:大阪府における事例紹介      
    ・協議会の取り組み概要(北川)      
    ・官民連携の情報共有プラットホームについて(松村)      
    ・道路占用協議・申請システムについて(一氏)

      

  • 大阪府測量設計業協会により、測量機器を実際に使って子どもたちに測量を体験してもらうとともに、地図や測量への理解を深めてもらうことを目的とした小学生測量体験学習が、 9月8日に岸和田市立城東小学校、9月14日に河南町立中村小学校で実施されました。府測協のメンバーが、歩測、 ボール投げ、宝探し、高さレベル、GPS、3D測量、防災マップ作成の各コーナーを担当しました。防災マップ作成では、関西大学 窪田研究室の学生さんがサポートしてくれました。河南町立中村小学校では、国土地理院より電子基準点の内部の説明もしていただきました。
         

  •  9月1日にCIVIL3連携災害対策訓練が実施されました。(配信テストは、8月29日に実施されました) 今回の訓練では、ふるさと創生研究開発機構、かんこう がドローンからの動画配信を行い、Facebookライブにて、情報共有を行いました。また、災害情報共有システムを使用して安否確認・被災状況の写真報告を行いました。

  • 7月1日に ㈱CLC様 とのコラボレーションにより、堺市立浜寺昭和小学校で防災マップ作成講座を実施しました。
      

  • 平成 29 年度大和川水防・大阪府地域防災総合演習 (日時:5/13午前)において、大阪府測量設計業協会、CIVIL3の方々がドローンによる空撮、防災関連の取組み内容の説明をされました。