支援グループとは

GIS 大縮尺空間データ官民共有化推進協議会(以下、GIS官民協議会と呼ぶ)は、国土交通省によるGIS モデル地区実証実験(平成12~13年度調査)「地域空間基盤データの共有化手法(大阪地区)」において提言された、官民が所有する大縮尺空間データ(1/500 レベル地形図データ)を相互に流通させ、大阪地区における空間基盤データの共有化を目ざすことを目的とし、2002(平成14)年11月に発足しました。GIS官民協議会では、4つのワーキング活動(空間基盤データの整備と更新、コンテンツの整備と流通、運営主体の検討、技術支援・普及促進)を行っており、支援グループは、GIS官民協議会の各ワーキング活動をスムーズに行うため、官民協議会の技術支援、普及促進活動を行っているワーキングの下部組織として2008(平成20)年に設置されました。現在、GIS官民協議会のメンバーである(一社)大阪府測量設計業協会がシステムの運営母体となり、道路占用に関する協議・申請システムなどのシステムの開発・運用・保守を行っています。 

  

頼もしいメンバー(コア・メンバー)

氏名:崎山 良三
所属:阪南市役所 上下水道部 水道工務課 

阪南市と公益企業の事務所とは位置的な距離があり、道路占用に関連する協議・申請業務が非効率であると日頃感じている。市民サービスの向上の観点から官民協業によるシステムの開発・運用に積極的に参加しているメンバーである。

氏名:一氏 昭吉(いちうじ あきよし) GIS上級技術者(認定番号:0904-006)
所属: (一社)大阪府測量設計業協会 顧問 (元門真市職員,H24.3まで) 

平成14年GIS官民協議会発足時からWG1,WG2等のワーキングに参画。統合型GISを活用した自治体業務の効率化、道路管理システム・道路占用システム等による業務改善に取り組む。 現在、基盤地図情報の利活用と効率的更新のため、国と自治体との連携手法確立のために奮闘中。

氏名:柳川 重信 GIS上級技術者(認定番号:0701-003)
所属:㈱パスコ (㈱GIS関西、元豊中市職員)

平成12~14年度に実施された国土交通省国土計画局のGISモデル地区実証実験からの参画メンバーである。 得意な分野は、デジタルマッピング,道路台帳,地籍調査である。
豊中市で、主に基準点測量、用地測量に従事、阪神淡路大震災後、GISと格闘。定年退職後、GIS分野の仕事を求め、現所属。

氏名:木下 克己 GIS上級技術者(認定番号:0807-001)
所属:大津市CIO補佐官 (元高槻市CIO補佐官)

汎用機でのシステム開発業務並びにCATV会社設立やテレトピア地域指定など地域情報化に従事。平成12年度から統合型GISの開発に携わり、 GISモデル地区実証実験にメンバーとして参画。情報政策的観点からのGISの方向性を追求しCIO補佐官として電子自治体の推進に取り組む。

氏名:松村 一保  GIS上級技術者(認定番号:0701-002)
所属: ㈱JR西日本ITソリューションズ

平成12~14年度に実施された国土交通省国土計画局のGISモデル地区実証実験からの参画メンバーである。得意な分野は、オープンソースGIS、ITコンサルティング、 プロジェクトマネジメントである。現在、JR西日本ITソリューションズに勤務している。

氏名:安井 嘉文  GIS上級技術者(認定番号:0912-006)
所属:㈱パスコ (元㈱GIS関西)

スタンドアロン版の位置参照点閲覧システムの開発当初から参画しているメンバーである。国土交通省 土地・水源局国土調査課で作成された 「地籍情報管理システム」の開発の中心メンバーのひとりでもある。「全国国土調査協会」の研修会の講師を務めるなど「データの作成」から 「システム構築・運用」まで幅広い領域をカバーする支援グループにおける貴重な人材です。

氏名:奥野 隆三
所属:(一社)大阪府測量設計業協会 顧問 (元 三菱電機株式会社)

平成12~14年度に実施された国土交通省国土計画局のGISモデル地区実証実験(大阪府地区)からの参画メンバーである。 高精度GPSシステム(FKP方式:面補正パラメータ方式)並びに高精度GPS移動計測装置(MMS:モービルマッピング システム)の普及・啓発活動を行っている。また、自転車ID化普及促進会にも参加している。

氏名:青木 和人
所属:あおき地理情報システム研究所 立命館大学 (元宇治市職員)

~2014年京都府宇治市役所勤務。2014年より地理情報システム、オープンデータを始めとする行政情報化コンサルティング業務に携わる。2010年立命館大学大学院文学研究科地理学専攻博士課程後期課程修了。博士(文学)。専門領域は固定資産税GIS、統計GIS、オープンデータ。 関西地域GIS自治体意見交流会パネルディスカッションのコーディネータや地理情報システム学会 自治体分科会 前会長、現事務局長を務め、2010~2013の国土交通省国土政策局 「GIS活用人材育成プログラム検討委員会」にて自治体職員向けGIS教育教材の作成に携わる等、関西GISコミュニティのニューフェイスとして活躍している。

氏名:三浦 泰夫
所属:TIS 株式会社

1986年~1993年に関空工事管理(護岸・埋立・上物)システムの開発・保守・運用に携わる。 その後、運輸省港湾局(現:国交省港湾局)の情報化(港湾CALS)に携わり、 社会基盤システム部長、九州支社長を経て、現在、流通サービスビジネス事業部所属。 得意分野は、ICTと土木に関わるコーディネート。

アドバイザー

   関西大学 環境都市工学部 都市システム工学科 准教授 窪田 諭

特別顧問

   奈良大学名誉教授・日本学術会議会員 碓井 照子

 

メンバー募集

-------------------------------------------------------------------------------------------------
官民協議会の活動に賛同し、一緒に活動してくれる人を募集しています。
自薦・ 他薦、男女を問いません。お気軽にご連絡下さい。
連絡先 : 支援グループ 事務局(staff[@]osaka-kanmin.com)
          へは、e-mail でご連絡ください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------