道路工事調整会議システム
道路工事調整会議システムをご利用の方はこちら   パンフレットはこちら
  ** 注意事項 ** 
  ・道路管理者ごとに利用されています。
  ・利用者ごとに、IDとパスワードの入力が必要です。
  ・ブラウザのポップアップブロックを解除しておいてください。

埋設物調査システム
埋設物調査システムをご利用の方はこちら   パンフレットはこちら
  ** 注意事項 ** 
  ・道路管理者ごとに利用されています。
  ・利用者ごとに、IDとパスワードの入力が必要です。
  ・ブラウザのポップアップブロックを解除しておいてください。

災害情報共有システム・職員参集システム
岸和田土木事務所との勉強会で作り上げたシステムです。大阪府の防災訓練で使用しました。
現在、CIVIL3(関西地質調査業協会、滋賀県測量設計技術協会、大阪府測量設計業協会、建設コンサルタンツ協会近畿支部の4団体)が、大規模災害時業務連携協定活動の一環として定期的な防災訓練で当システムは利用されています。
災害情報共有システムをご利用の方はこちら   パンフレットはこちら
                                                                               パンフレットはこちら

  ** 注意事項 ** 
  ・利用には、IDとパスワードの入力が必要です。
  ・ブラウザのポップアップブロックを解除しておいてください。

道路通行可否情報システム
大阪府の防災訓練で使用したシステムです。発災の初期の段階では、まず道路の使用が可能かどうかの情報を収集するのが重要です。
道路通行可否情報システムをご利用の方はこちら

  ** 注意事項 ** 
  ・利用には、IDとパスワードの入力が必要です。
  ・ブラウザのポップアップブロックを解除しておいてください。

地域防災マップ作成システムver2.1
子供たちが作る地域防災マップ 作成支援システムです。
2014(H26)年度の熊取町南小学校での実施から、毎年、小学生測量体験学習で小学生の防災教育で利用されています。利用を希望される場合は、お気軽に問合せをしてください。
地域防災マップ作成システムをご利用の方はこちら   パンフレットはこちら
  ** 注意事項 ** 
  ・地域ごとに、IDとパスワードの入力が必要です。
  ・利用には、地域の土木事務所等の連携など支援、サポート体制が必要です。 
  ・ブラウザのポップアップブロックを解除しておいてください。

災害に備えて 自分の住んでいる地域・場所を知ろう
システムの利用は、こちらから (ID、PASSは不要です)
支援グループが提供しているシステムの共通部分を利用して、国、大阪府から提供されているデータを閲覧できるサービスを提供しています。
DXF出力      パンフレットはこちら
左側タブの[印刷・出力]機能内の[DXF出力]ボタンをクリックすることで DXF形式の基盤地図情報を出力することが可能となっています。2013/11/21~2017/12/22の約4年1ヶ月の間に3481枚のDXF出力がされました。

駅と将来推定人口マップ
システムの利用は、こちらから (ID:osaka PASS:kanmin)

最近、コンパクトシティー、駅を中心とした都市をキーワードにした新聞記事が頻繁に出てくるため、データの見える化を行いました。
国土交通省は、コンパクトシティ(都市の郊外への拡張を抑え、中心部に行政、医療、教育、交通などの都市機能を集積し、中心街の活性化と都市住民の利便性を向上しようという概念を実現した都市)政策を進めるため、2006年(平成18年)に街づくり三法(都市計画法、中心市街地活性化法、大規模小売店舗立地法)の改正しました。国土交通省国土政策局では、国土数値情報 将来推計人口メッシュ(国政局推計)として 2010年のデータと2050年の将来人口(詳細は、こちらから)がダウンロードできるようにされています。また、駅別乗降客数データもダウンロードできるようにされています。これらのデータを可視化しています。また、総務省統計局では、政府統計の窓口 「e-Stat」から国勢調査データをダウンロードできるようになっています。
システムでは、駅を中心とした半径1Kmの範囲の人口をバッファリングし、面積按分して集計しています。単に地図上にこれらのデータを重ね合わせるだけでなく、グラフ表示できるようにしています。
2017/7/14現在 国勢調査、経済センサス基礎調査のデータは全国(すべての1次メッシュ)を対象にしています。1次メッシュについては、外部のサイトを参照してください。
2017/8/6現在 指定した駅が含まれるであろう小ゾーンを着ゾーンとしたOD量を目的別に表形式で表示します。 OD量は、「鉄道」を手段としているデータのみ表示しています。利用データは、国土数値情報 交通流動量 パーソントリップOD量データ 近畿圏(2010年調査)、中京都市圏(2011年調査)、東京都市圏(2008年調査)です。

道路規制情報登録システム(管理者用・一般閲覧用)
岸和田土木事務所と関係団体間での道路規制情報の共有のために利用されているシステムです。
道路規制情報(管理者用・一般閲覧用)をご利用の方はこちら
  ** 注意事項 **
   ・クラウド環境への移行に伴い、他のシステムと同様のプラットフォームへ移行しました。
   ・利用には、IDとパスワードの入力が必要です。

   ・ブラウザのポップアップブロックを解除しておいてください。
   簡易マニュアル(旧版)はここちら(PDF 972KB)

 

お願い
 
支援グループでは、システムの運用費用の確保、提供システムの機能向上のために、システムの運用・開発・保守をサポートしてくれる方(サーポーター)を募集しています。サポートしてくださる企業・団体・個人の方は、提供システムの右上にバナー広告を表示させていただきます。詳細は、システムの運営主体である(一社)大阪府測量設計業協会にお問合せください。